このエントリーをはてなブックマークに追加 

【ストレスニキビ】おそろしい6つの特徴|肌の老化がすすむ!?

ストレス

 

ストレスを強く感じるとできる「ストレスニキビ」

 

悪化しやすく治りにくいいやーなニキビです。

 

 

原因がストレスなので、なかなか解消するのはむずかしいですよね。

 

じつは、ストレスによるニキビには肌の劣化を進行させる要素がたっぷり。

 

 

ストレスをためこんだままにしていると、年齢よりも老けて見られるようになってしまいます。

 

 

この記事では

 

  • ストレスニキビの特徴
  • ストレスニキビができてしまったときに治す方法
  • ストレスニキビを予防する方法

 

についてくわしく解説します。ストレスでニキビができやすい方はぜひ読み進めてくださいね。

 

 

Sponsored Link

 

 

ストレスニキビ 6つの特徴
どこにできやすい?
なんでできるの?

ニキビ おでこ01.jpg400.jpg

 

 

ストレスを感じるとニキビができるのは、男性ホルモンが強く影響しています。

 

 

 

男性ホルモンには、皮脂線をふやして皮脂をグングン出すというはたらきがあります。

 

 

思春期ってニキビができやすいですよね。

 

あれも男性ホルモンの影響です。

 

 

思春期に男性ホルモンが出るのは、体の成長にともなうことなので正常なことですが、

 

20歳をすぎて男性ホルモンが異常に分泌されるのは、ストレスが大きな原因です。

 

 

ストレスを感じると、ストレスによる緊張をやわらげる「糖質コルチコイド」というホルモンが優先的に分泌されるので、

 

女性ホルモンや成長ホルモンの分泌がおさえられてしまいます。

 

女性ホルモンのはたらき

皮脂の過剰分泌をおさえて、理想的な皮脂バランスにコントロールする

 

成長ホルモンのはたらき

肌の新陳代謝をスムーズにして、毛穴に皮脂や汚れをつまりにくくする

 

ストレスは男性ホルモンをふやすので、男性ホルモンのはたらきで皮脂がでやすくなっています。

 

なので、皮脂腺が多いところに、いつもよりもニキビができやすくなっています。

 

人によってニキビができやすい場所はちがうので、あなたの肌にあわせたニキビケアをしてくださいね。

 

 

 

ストレスニキビの特徴1
顎(あご)にたくさんできる

顎のストレスニキビ

 

 

顎から頬のフェイスラインは汗腺が少なくて皮脂腺がおおいので、乾燥しやすく皮脂がでやすいところです。

 

 

乾燥している状態だと、うるおいを出そうとして皮脂が必要以上に出てしまうので

 

毛穴に皮脂がつまりやすく、ニキビができやすく治りにくくなります。

 

 

また、乾燥している状態がつづくと足裏のように古い角質がかたくなって皮膚にいつまでものこるので

 

皮脂といっしょに毛穴につまって、ますますニキビができやすくなっています。

 

 

顎にニキビができる原因はほとんどがストレス。

 

 

毛穴に皮脂がつまりやすくなっているところにストレスがあると、ホルモンバランスの影響で

 

皮脂が大量に分泌されるので、あっという間にニキビがふえます。

 

 

 

ストレスニキビの特徴2
頬にたくさんできる

頬のストレスニキビ

 

頬は顎よりも皮脂腺が少ないものの、化粧下地やファンデーションなど、化粧品を1番おおく塗るところです。

 

メイクの汚れを完全に落とすことは難しいので、毛穴の中に蓄積されてしまいます。

 

 

ニキビの原因になるアクネ菌は、皮脂やメイクの油分が大好物なので、

 

蓄積されたメイクの汚れが毛穴にのこっていると、ストレスを感じて皮脂が過剰に分泌したときにニキビができやすくなります。

 

 

 

ストレスを感じると皮脂が過剰分泌するのよね

 

ニキビがあるときは肌が敏感になっているので、

 

刺激の強いクレンジングを使うとニキビの炎症がひどくなったりして悪化します。

 

かといって、メイク汚れがのこっていてもニキビは悪化します。

 

 

 

ニキビができているときは、ニキビの炎症をおさえる薬用のファンデーションを使うといいです。

 

ニキビに塗っても全く問題ないファンデーションって?

↓ ↓ ↓ 

ニキビ肌におすすめ!スキンケアファンデーション15選

 

 

ストレスニキビの特徴3
口周りにたくさんできる

ニキビ300.jpg

 

口のまわりの皮膚は、ほかのところよりもうすいので乾燥しやすく皮脂がたくさんでやすいところです。

 

落ちない口紅など、落ちにくいメイク汚れが原因のことも。

 

 

 

口のまわりのニキビは

 

  • ストレスを感じていたり
  • 胃腸の調子がよくないとき

 

にでやすい大人ニキビです。


 

 

口周りのニキビケアは、洗浄力の高いクレンジングを使ってたっぷり保湿すると効果的です。

 

唇も皮膚なので、私は夜は顔用のオールインワンクリームを唇にもぬっています。

 

プルプルになって調子いいですよ^^

 

 

日中は口紅&グロスです。しっかり落とします。

 

 

 

ニキビの原因「アクネ菌」はメイクの油分が大好物!わらわらふえるよ!


 

 

ストレスニキビの特徴4
おでこにたくさんできる

おでこニキビ

 

おでこのニキビは思春期にもできやすいですが、

 

ストレスでホルモンバランスがくずれると、大人でもブツブツとできやすいです。

 

 

おでこは皮脂腺が多く、もともと皮脂がでやすいところ。

 

さらに髪の毛の汚れなどもつきやすいのでニキビが悪化しやすいんです。

 

 

ホルモンバランスがくずれると、肌の皮脂を理想的にするはたらきのある女性ホルモン「エストロゲン」が少なくなり、

 

皮脂をふやすはたらきのある男性ホルモンがふえます。

 

 

大人の肌は乾燥しやすいので、うるおいを出すために皮脂が過剰分泌します。

 

 

そうすると毛穴が非常につまりやすい状態になるので、ニキビがすぐにできてしまいます。

 

 

おでこに大人ニキビができてしまったら、前髪ができるだけおでこにかからないようなヘアスタイルにして

 

ニキビの炎症をおさめる効果のある薬用の保湿クリームをぬると治りやすくなります。

 

 

 

ストレスニキビの特徴4
あなたの肌、バリアしてますか?

ニキビ 少女.jpg

 

肌の「バリア機能」というのは、

 

  • 紫外線
  • ほこり
  • 乾燥

 

などから肌を守る肌が本来もっている機能です。

 

 

肌のバリア機能が弱くなっていると、刺激をうけやすくなって

 

ストレスや乾燥などのちょっとしたきっかけでニキビができやすくなります。

 

ニキビの原因になる刺激ってどんなの?

紫外線
  • 肌がすぐ黒くなる
  • シミができやすくなる
  • コラーゲンが破壊されてしわやたるみができやすくなる
  • 色素が沈着してシミのようなニキビ跡になりやすい
ほこり 肌が汚れを跳ね返す力がないので、毛穴の中にはいりこんで皮脂とまざりニキビの温床となる
乾燥

通常乾燥から守っている「うるおいの膜」がほとんどないので、肌が乾燥してゴワゴワとかたくなって毛穴に皮脂がつまりやすくなる。
古い角質がはがれにくくなるので新しい皮膚が再生しにくくなり肌に透明感がなくなる

 

 

ストレスニキビの特徴5
男性ホルモン、ふえていませんか?

女性 男性ホルモンが多い.jpg300.jpg

 

 

強いストレスは女性ホルモンの分泌をおさえるので、男性ホルモンが多くなります。

 

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促進してしまうので、

 

毛穴に皮脂がつまりやすくなってニキビができやすい肌に。

 

 

男性ホルモンが優位になっていると、肌の弾力を出す「コラーゲン」が生成されにくくなるので

 

肌のうるおいやハリもだんだんなくなってきます。

 

 

 

男性ホルモンがふえると精神的にも攻撃的になったりすることがあるので、できればおさえたいホルモンですね。

 

ストレスニキビの特徴6
シミができやすくなる

ニキビのシミ

 

ストレスが強いと、肌を黒くする「メラニン」が過剰に生成されるのでシミができやすくなります。

 

今できているニキビをほうっておくと色素沈着してシミのようなニキビ跡になってしまうかも。

 

 

sponsored link

 

 

解消すればニキビが治る!?
20代女性のストレス 3大原因

ニキビ ストレス08.jpg

 

ストレスニキビは「大人ニキビ」ともいわれていて、

 

20代以降の大人にでやすいニキビです。

 

 

思春期にできるニキビとの違いは、

 

ストレスや乾燥が大きな原因というところ。

 

 

思春期にニキビができやすいのは、成長による急激なホルモン増加で皮脂がたくさんでることが原因ですが、

 

大人のニキビはいろいろな原因がかさなって異常に皮脂がでることでできます。

 

なので10代のころにクレアラシルで治ったニキビも大人になってからは治らなかったりします。

 

 

20代のストレスの原因1
仕事、楽しいですか?

職場_書類を渡す.jpg

 

20代は、就職して、仕事を覚えて、と生活環境が大きくかわるときです。

 

職場はいろんな人がいるので、性格があまりにも合わないと感じる人も少なからずいるはずです。

 

 

めんどくさい仕事を大量におしつけられて帰りが遅くなったり、

 

いやな先輩から理不尽にチクチクやられたりしていませんか?

 

 

カドをたてたくないからと、じっとガマンしちゃっている女性は少なくありません。

 

ひとつひとつはちょっとしたことでも、

 

ストレスはじわじわと積み重なって肌にも影響が出てきます。

 

 

20代のストレスの原因2
イイ恋愛、してますか?

ケンカをするカップル.jpg

 

 

20代になると、高校生のときよりももっと、本格的な恋愛になってきます。

 

運命!?と思える人と出会うと、ふつうは夢中になっちゃいます。

 

結婚もちょっと意識するしね^^

 

 

でも、本気で好きになっちゃうと

 

1日中彼のことばかり考えちゃいませんか?

 

 

そうなると、うまくいっているときは幸せなのですが

 

  • 彼がかまってくれない
  • 浮気してるかも

 

なんてモヤモヤしているときに自分に自信がなくなると、ストレスはハンパなく押し寄せてきます。

 

 

20代のストレスの原因3
どうして痩せないの?

お腹の肉.jpg

 

 

20代は人生の中でいちばん綺麗なときです。

 

 

みんな気合いれて体のラインをキープしています。

 

そんなときにストレスなどでつい食べ過ぎてしまって

 

 

気が付いたら仲間内で一番太ってる!

 

 

なんてあわててダイエットをはじめたけど、

 

なかなか痩せない焦りと食欲をガマンすることでストレスはマックス状態。

 

容姿に自信がないと、彼が浮気するんじゃないかと疑心暗鬼になったりして

 

恋愛もうまくいかなくなったりします。

 

 

ストレスは避けられない

ストレスのある女性

 

生きていると、ストレスは避けられません。

 

とくに多感な20代は、耐えがたいストレスをかかえこんでいる人が少なくないはずです。

 

ストレスのもとを変えるのは難しいのでストレスがあってもできるスキンケアをご紹介しますね。

 

 

お肌がすべすべになるとメイクが楽しくなるのでどんどん綺麗になりますよ。

 

 

肌が綺麗になると、ちょっと自信がつくので

 

ストレスも感じにくくなっていろいろ良い方向にすすみます。

 

sponsored link

 

 

 

ストレスニキビは跡にのこる?

 

ストレスによってできるニキビは治りにくいのが特徴です。

 

炎症がひどいと、皮膚の真皮の組織が破壊されて皮膚の表面にへこみがでます。

 

へこみをもとに戻すには、美容皮膚科でレーザーなど大掛かりなことをしないといけなくなるので

 

できるだけ早めにニキビを治すことが美肌にするポイントです。

 

ニキビは手の雑菌や日焼けで悪化します。

 

焦ってニキビをつぶしてしまうのはかなりリスクが高いです。

 

白いニキビは綿棒などで上手に毛穴の中の皮脂汚れを出してオロナインをぬるときれいに治る

 

とのことですが、

 

「ニキビ跡がのこらないかな?」

 

など、ちょっとでも不安があるならやめたほうがいいです。

 

自然治癒がいちばんです。

 

 

大人ニキビのできているところには、ニキビの炎症をおさえるタイプの保湿クリームをぬると効果的です。

 

皮膚が保湿されてやわらかくなるので、古い角質もはがれやすく新しい肌が再生されやすくなるので

 

肌に透明感がでてニキビができていた肌もきれいになっていきます。

 

 

ストレスニキビの治し方

笑顔の女性

 

大人のニキビは、原因のほとんどがストレスです。

 

どうしてストレスがあるとニキビができるのかというと、

 

ストレスが強いと「アンドロゲン」という男性ホルモンがふえて皮脂を分泌します。

 

 

男性ホルモンがふえていると皮膚もかたくなるので、肌の新陳代謝もわるくなって

 

古い角質が毛穴につまりやすくなりニキビが繁殖しやすい状態に。

 

 

ストレスニキビをもう繰り返さないためには、つぎの2つだけ気をつければ大丈夫です。

 

  1. ストレスをかるくすることと
  2. 肌の炎症をおさえて綺麗にすること

 

 

この2点を上手にケアすると、ストレスニキビを最短で治せます。

 

 

ストレスをかるくする食べ物はおなじみの・・・

 

納豆.jpg300.jpg

  • 大豆食品

 

大豆食品は、大豆イソフラボンがふくまれていて、女性ホルモンのエストロゲンと同じようなはたらきをします。

 

大豆イソフラボン女性ホルモン類似性

 

エストロゲンのはたらき

  • 肌の皮脂を理想的にしてうるおいやツヤを出す
  • コラーゲンを生成して肌にハリを出す
  • 男性ホルモンをおさえる

 

ストレスを強く感じると、女性ホルモンのかわりに男性ホルモンが分泌されやすくなって

 

女性ホルモンが分泌されにくくなります。

 

 

男性ホルモンには、皮膚をかたくしたり、皮脂を分泌したりと

 

なんだか男らしい体にしようとするはたらきがあるので、ストレスがたまると

 

 

皮脂がジャンジャンふえてニキビができやすくなります。

 

 

なので、男性ホルモンをおさえる効果が期待できる「大豆イソフラボン」をとると

 

皮脂が過剰にでることも少なくなって、ニキビができにくい体質になるというわけです。

 

 

おすすめの大豆食品


豆乳

 

  • 納豆
  • 豆乳
  • 豆腐

 

大豆イソフラボンをとるとバストアップ効果も期待できますよ♪

 

 

 

 

ストレスニキビを綺麗にする化粧品

ニキビ ラミューテ03 300.jpg

 

 

ラミューテは、ストレスによるニキビに着目した新しいニキビケアアイテムです。

 

 

女性ホルモンに着目した新発想の化粧品で、肌から直接女性ホルモンをおぎなって

 

男性ホルモンをおさえるので、いつまでもなおらない頬や口周りのニキビに効果的です。

 

 

私の場合、ホルモンバランスのみだれに影響されにくくなったのか、生理前にたくさんニキビができることはなくなりました。

 

 

 

ストレスニキビが改善されました

 

社会人になってからストレスニキビに悩まされるように。
大量にできたニキビに気持ちも滅入っていたところラミューテと出会い、上質な香りに癒され、肌がよみがえりました!
もっと早く出会えていれば・・・。


 

 

 

sponsored link


 このエントリーをはてなブックマークに追加