このエントリーをはてなブックマークに追加 

妊娠6カ月、ニキビがひどいです。ホルモンが関係してるって本当?

キャッチコピー 妊娠してニキビが大量にできるのはどうして?.jpg

 

ニキビ ボタン アニメ 妊娠中にできるニキビケアはこちら.gif

 

 

私は今、妊娠6カ月ですが、顎や背中やデコルテのところにニキビがたくさんできていてすごくとまどっています。

 

妊娠するまでは体はもちろん、顔にもできたことがなかったので・・・

 

いろいろ調べてみたら、女性ホルモンが関係しているようです。

 

Sponsored Link

 

女性ホルモンのグラフ.jpg

 

肌には人1倍気を使う私には、ニキビができている状態は苦痛そのものでした。

 

なので原因とかをいろいろ調べて徹底的にニキビケアをがんばった結果

 

気になっていた顎や背中のブツブツはなくなりました。

 

 

妊娠してから私みたいに人生初のニキビができる人もいれば、

 

「妊娠してからニキビが治った」という人もいらっしゃいます。

 

その違いはなんでしょうか?

 

妊娠中はなにかと不安定なのに、ニキビなんてできたらよけいに気持ちが落ちますよね・・・

 

この記事で、同じ悩みをもつプレママの方がリラックスして出産にのぞめるお手伝いが少しでもできたらいいなと思います。

 

ニキビを速攻なおしたい!

 

という妊婦さんは、ぜひ読み進めてくださいね^^

 

sponsored link

 

 

 

けっこうみんな妊娠中にニキビができてる

 

 

普段はあまりニキビなどは出来ない体質だったのですが、
妊娠初期に顎と背中に赤く大きなニキビが出来てしまいました。


 

 

妊娠が分かったと同時に顔だけでなく、体にまでニキビが出来るようになりました。

一番ピークの時は、胸や背中にまで出来、このまま全身がニキビだらけになってしまうのではないかと、すごく不安になった事を覚えています。


 

 

もともとニキビが、時期とか体調によってしつこく出るタイプです。

特に顔の下半分です。
唯一妊娠中だけ、女性ホルモン作用かニキビが嘘みたいにでなくなっていました。


 

 

肌荒れがひどく、吹き出物がたくさんできました。

(34歳)


 

 

今まで皮膚荒れをしたことがなかったのですが、

妊娠中にお腹全体に肌荒れを起こしてかゆみがおさまらなかったです。
(29歳)


 

 

肌荒れになった。

体質が変わって、今まで使っていた化粧品が合わなくなってしまった。
また、しみができたり、あれたりして大変だった。
(30歳)


 

 

肌荒れがひどくかぶれたり、にきびが大量に出ました。
(31歳)


 

 

にきびが突然できました。

産婦人科でも相談したが、ひとそれぞれと言われ
明らかに妊娠が原因なのに、治療法が分からずナーバスになりました。
(26歳)


 

 

知ってると10倍肌が綺麗になる!
ニキビと女性ホルモンの関係

妊娠している女性02.jpg

 

 

妊娠すると、女性ホルモンがたくさん分泌されます。

 

女性ホルモンには、

 

  • エストロゲン
  • プロゲステロン

 

の2種類あって、それぞれはたらきがちがいます。

 

エストロゲンのはたらき


  • 子宮内膜を厚くして赤ちゃんを守る
  • 美肌効果があってニキビをできにくくさせる
  • 自律神経を安定させる
  • 美のホルモンともいわれる

 

プロゲステロンのはたらき


  • 子宮内膜をととのえて赤ちゃんが育ちやすくする
  • 皮脂がふえてニキビができやすくなる
  • イライラ・不安感など気持ちが不安定になる
  • 妊娠ホルモンともいわれる

 

妊娠すると女性ホルモンがめまぐるしく変化するので、
それぞれのホルモンの特徴がでやすくなります。


 

プロゲステロンがニキビの原因だった

妊娠 妊婦.jpg300.jpg

 

ニキビがたくさんできてしまうのは、人よりもプロゲステロンの分泌量が多いから。

 

いっぽうで、今までできていたニキビがなおったという妊婦さんはエストロゲンの分泌量が多かったのでしょう。

 

ホルモンの分泌は、妊婦さんによって千差万別です。

 

「妊娠」という女性にとって人生最大のイベントには

 

今までになかった女性ホルモンの大きな変化があります。

 

女性ホルモン 妊娠中の変化 引用元:持田ヘルスケア株式会社.jpg

引用元:「スキナベーブ」持田ヘルスケア株式会社

 

「ブスホルモン」

ニキビができている女性

 

とくに変化があるのは、プロゲステロンの増加。

 

プロゲステロンは別名「妊娠ホルモン」ともいわれていて妊娠中に大活躍します。

 

たとえば

 

  • 赤ちゃんの生命存続のために母体に水分をたくわえたり
  • 子宮内膜を赤ちゃんが発育しやすいようにととのえたり
  • 出産後乳腺を発達させて赤ちゃんが飲むおっぱいをたくさん出るようにしたり

 

赤ちゃんのためのホルモンといっていいと思います^^

 

とてもありがたいプロゲステロンですが、女性としてのママにはちょっと厳しいかもしれません。

 

プロゲステロンは別名「ブスホルモン」ともいわれていて

 

  • 皮脂腺がふえてニキビができやすくなる
  • 水分をたくわえるので顔や体がむくみやすくなる
  • 自律神経が不安定になるのでイライラしたり落ち込んだりする

 

と、女性をブスにさせてしまう要素がたっぷり。

 

「赤ちゃんのことだけを考えろ」、ということなのでしょうか・・・

 

生理前のニキビと妊娠中のニキビは似てる?

生理前の女性

 

 

生理前にニキビができやすいのは、妊娠中にニキビができやすくなるのと同じ原理です。

 

生理前は、妊娠するための準備をしようとして

 

妊娠ホルモンであるプロゲステロンががんばっているときなので

 

皮脂腺が活発になって、ニキビができやすい肌状態になっています。

 

 

妊娠中でもできるニキビケア


妊娠.jpg

 

妊娠中はちょっとしたことでも赤ちゃんに気を使っちゃいますよね。

 

サプリや薬はのめないし、塗り薬もちょっととまどっちゃったり。

 

ナーバスになる妊婦さんは多いです。

 

ニキビができたりしたら、ママの気持ちも落ち込んじゃって赤ちゃんが心配します。

 

妊娠中にできる、あなたと赤ちゃんにやさしいニキビケアをご紹介しますね^^

 

 

赤ちゃんにも肌にもやさしい妊娠中の食事

和食.jpg300.jpg

 

 

もっとも体にやさしいニキビケアは、バランスの良い食事をすることです。

 

とくに大豆食品をとると、ニキビ改善に効果的です。

 

妊娠中のニキビは女性ホルモンの「プロゲステロン」がふえていて

 

エストロゲンの美肌効果がうまくはたらいていない状態です。

 

なので、

 

エストロゲンのはたらきをふやせば、ニキビのできにくい肌にすることができます。

 

 

 

大豆食品には「大豆イソフラボン」という成分がふくまれていて、女性ホルモンと同じはたらきをするんですよ。

大豆イソフラボン化学構造

 

大豆イソフラボンを毎日の食事に上手にとりいれると、ホルモンバランスが理想的な状態に近づいて、ニキビもなくなります。

 

 

赤ちゃんにもママにもやさしいスキンケア

 

ニキビ 肌 スキンケア.300.jpg

 

妊娠中は、肌がいつもよりも敏感になっているので

 

敏感肌の方じゃなくても敏感肌用のクリームをぬると肌にも赤ちゃんにもやさしいです。

 

妊娠中はグリチルリチン酸ジカリウムという薬用有効成分が配合されている

 

敏感肌用のオールインワンクリームがおすすめです。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは「甘草」という漢方の薬用有効成分なので

 

体にやさしい成分で、妊娠中も安心して使えます。

 

グリチルリチン酸ジカリウムは

 

  • ニキビの炎症をおさえる効果が高く
  • ダメージをうけて痛んでいる肌を修復する力が強い

のでニキビケアに最適です。

 

 

妊娠中はオールインワンのスキンケアがおすすめ

ニキビ オールインワン エクラシャルム.jpg300.jpg

 

ニキビ肌のスキンケアにはオールインワンのクリームがおすすめです。

 

どうしてかというと、

 

すべてがほどよい配合量で配合されているからです。

 

単体の美容液・クリームなどは、高い効果は期待できるのですが

 

それぞれの作用が強くでるので刺激も強いです。

 

オールインワンクリームは、ぜんぶ1つにまとまめているので、

 

それぞれの作用はマイルドですが、刺激がほとんどないので妊娠中には最適です。

 

また、

 

オールインワンクリームは塗る回数が少ないので

 

摩擦による肌のくすみもおさえられるのも押しポイント。

妊娠中のニキビ肌には、ニキビの炎症をおさえる「薬用」のオールインワンクリームがイイ!

 

トップにもどる

妊娠中はシミもできやすい

 

シミ05.jpg

 

妊娠中にたくさん分泌される女性ホルモンは、メラニン色素の生成を促進するので
シミやそばかすがめだちやすくなります。

 

シミだけではなく、体全体の色素が濃くなるので乳輪なども黒くなります。

 

やーん


 

 

乳輪の黒ずみは、出産してから

少しずつもとにもどるので
安心してくださいね


 

顔のシミを予防するには、日焼け止めで紫外線から肌を守るのが効果的です。

 

妊娠中はできるだけ肌にやさしい薬用の日焼け止めを選ぶと気持ち的にも安心できて良いです。

 

日焼け止め効果が最高レベル!なのにニキビもよくなる方法は?

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

アクネケア日焼け止めランキング5選

 

まとめ

赤ちゃん

 

いかがでしたか?

 

妊娠中にとつぜん増えたニキビは、出産をおえてホルモンバランスがもとに戻ると自然に治ったりするので

 

あまり深刻に考えないほうがいいですよ!

 

赤ちゃんが生まれるまでは、あきらめてニキビとおつきあいするのもアリです。

 

私のようにニキビができていることがストレスになるなら

 

上記の方法でニキビケアを試してみてください。

 

赤ちゃんに悪影響のあるものではないので、安心してケアできます。

 

P.S.

 

私の赤ちゃんは3400gで無事に生まれました。

 

出産後も引き続き妊娠中に使っていたオールインワンクリームをぬっています。

 

今のところニキビができることもなく、肌の調子が安定していますよ^^

 

 

sponsored link